転職に成功するために押さえておきたいポイントとは

働き方の変化

TOEICやTOEFL

もはやどんな業界であっても英語力は重要なスキルのひとつです。
外資系企業だけでなく、社内の公用語が英語である企業も増えてきました。
人材においても語学力を重視する傾向はずっと続いています。

TOEICもTOEFLも、一定以上の点数を越えていればスキルのアピールポイントとして有効です。
転職活動においても大きな武器になります。
逆に一定以下の点数ではスキルとして判断しない企業が多いので注意が必要です。

英語以外でも中国語なども語学のスキルとして有効です。

語学力においては、資格の有無は問わない企業が多くなっていますが、資格がある事で分かりやすくアピールすることが出来るでしょう。
とっておいて損はない資格といえます。

英語での会話力

圧倒的に有利なのは帰国子女であることと、海外生活の経験です。

資格の有無は問わない企業が多いということは前述した通りですが、要するにネイティブレベルの会話力があれば資格は関係ないという事です。
さらに海外の文化を熟知していたりする部分も重宝されるポイントでしょう。

海外生活の経験があったとしても、語学力がなければ残念ながらあまりアピールにはならないでしょう。

特に外資系企業などでは、海外的な物の考え方が出来たほうが仕事において有利です。
その点でも海外生活での異文化の中での経験は大きな財産となるのです。

転職で外資系企業を希望している場合は、自分の英語力がどの程度通用するかを一度確認してみるといいでしょう。


▲ TOPへ戻る